MIYAZAKI♥LOVE
平成元年付近や21世紀になった宮崎のことを語ろう
宮崎にあった思い出の場所や味

オーシャンドーム跡地の現在と平成7年頃の様子について~実はこんなにスゴイ施設だった!

【平成7年(1995年)の夏にタイムスリップした高校生】

「てげスゲー…」

 

真っ白な高層ビル、ホテルオーシャン45を見上げながら呟く。

彼女はいま、オープンして間もないピッカピカのシーガイアに居る。

 

(※上記の文を見て「どういうことなの???」と思った方、はじめまして!

♪いらっしゃいませ こんにちは~♪

ザックリ説明すると「こういうこと」です。)

 

この先は、この高校生を交えながらお送りする平成7年(1995年)シーガイア、主にオーシャンドーム・レポートである。

 

スポンサーリンク

まずはシーガイアを簡単に説明

シーガイアはゴルフ等のスポーツ施設と会議場、
そしてホテルにプールにショッピングエリアといろんな施設からなる集合体の名称である。

 

 

「簡単に言うとすっごい高さのホテルオーシャン45と、
すっごい大きさのプールオーシャンドームがある一大リゾート施設やね」

 

出来たばかりの施設はどれも洗練されたデザインで、とにかく全てが大きくて明るくキレイに整っている。

宮崎の一ッ葉に居るのに、海外か東京のベイエリアに来ているような…そんな錯覚を覚えるレベルのオシャレっぷりである。

そして、広い。

南北に約10キロメートルという広大な敷地のなかに数多の施設が軒を並べている。

気を抜くと大人でも迷子になりそうな程だ。

 

「でも大丈夫!私にはオーシャンドームのパンフレットがあるかいねっ!」


オーシャンドームのパンフレット(95年版)トロピカル感が漂う

 

「シーガイアは色んなモンがあるけど、やっぱりオーシャンドームがいちばん気になるがね!
探検じゃ探検ー♪」

 

オーシャンドームとは

平成5年(1993年)7月、
シーガイアの目玉として誕生した世界最大級の室内ウォーターパーク。

 

長さ300メートル、幅100メートル、高さ38メートル、

保有水量1万5703トン、水面積8790平方メートル。

そして、同時最大収容人数1万人。

 

それがオーシャンドームである。

 

「ちょっともう、数字だらけで分からんっちゃけど…
とにかく世界中見渡しても、こんだけ大きい室内プールはそうそう無いってことやね!」

 

 

巨大な室内プール…
いや、プール以外にも様々な施設があるので室内ウォーターパークだ。

 

オーシャンドームは、もちろんただ巨大なだけでは、ない。

 

真冬でも室温30℃、水温28℃をキープ。外で木枯らしが吹く夕暮れも、この室内は夏。

 

まさに常夏である。

 

しかし、夏本番の晴天下ではそんなモノ必要ないだろ?という意見もあると思う。

そのとおり。そういうときは本物の青空に勝るモノは無い。

 

だが…ご心配なく。
このドーム、夏は開くのだ。屋根が。

 

この巨大なドームを覆う、巨大な屋根が、ガーッと開くのだ。

そのさまは圧巻である。

 

 

「して、床もセメントとかタイルじゃないねー。白くてキラキラしちょる♪
見た目は砂浜の砂みたいやけど、砂より粒が大きくてひっつかんね。」

 

そう、プールサイドの床はよく使われているような素材ではない。

敷き詰めてあるものは、大理石を砕いた白く輝く粒たちだ。

その名はシュガービーチ。大きな人工ビーチである。

 

「コレ、大理石やと!?リッチにも程があるが… (゚д゚ノ;)ノ 」


大理石の粒の上ではしゃぐ子供たち…富豪だ。

 

「ひっつかんのはイイっちゃけど、ちょっとジャリジャリして足の裏が軽く痛いのが玉にキズやね…
でもキレイー♪」

 

巨大でリッチ。
それだけでも相当なものだが、オーシャンドームの凄さはこんなものではない。

とにかくハイテクなのだ。

 

 

『自然の海を超えた海』グレートバンクはコンピュータ制御による世界最大級の造波装置で、
穏やかなさざ波から高さ2.5メートルという凄まじい大波『ポセイドン』まで、様々な波が寄せては返す仕様になっている。

 

「プールでサーフィンしてるの…はじめて見た! ( ゚ ω ゚ ) 」

 

いつもは平和な海。

しかし、ときとして大波が起こる。噴火も。

…噴火!?


そう、大波だけじゃなく噴火もする。ハイテク恐るべし。

 

「いっぱい見た気になっちょるけど、まだほとんど見ちょらん…盛りだくさんにも程があるやろ(汗)
アッチにもソッチにもプールとかアトラクションあるかい行ってみよー!」

 

オーシャンドーム、各階について

何度も言うようだが、オーシャンドームは広い。
横幅だけでなく縦幅もある。3階建てなのだ。

 

2F・3Fにはプールやアトラクションはなく、
レストラン・レンタルショップなどが入っている。

 

2Fにはシュガーデッキという貸し切りの席があり、

ここを借りれば館内がどんなに混雑していようとも、いつでも座って落ち着いてご飯が食べられるという優雅さである。

 

…ただ、

椅子が2時間800円…

テーブル付きの2名席なら2時間1000円なので少しお得感はあるが…

 

「…優雅な席はよ、『優雅な懐具合』やないと座れんっちゃないかな ( ;∀;) 」

 

…それはそうとして、
レンタルショップは画期的な試みではないだろうか。

特に遠方から来た場合は手荷物を少なく出来るし、ごくたまにしか使わない物なら買うより借りた方が得な場合もあるので。

 

 

写真には写っていないが、水着や浮き輪だけではなく、
パーカー等の軽装やビデオカメラまで貸してくれる充実っぷりである。

 

 

さて、次はみんな大好きグルメ情報。

 

コンセプトは『ドームの中でグルメ世界一周』

和洋中のレストランだけではなく、ファーストフードなどのテイクアウト店やBARまである。

1Fはカフェテリア・ハンバーガー・トロピカルドリンクバーなどの軽食と、ショーが催されるエスニック料理店やお洒落なプールサイドカフェがある。

 

 

2Fには先述のシュガーデッキを擁するシュガーパレスがあり、そこで『ドーム全体を眺めながらリゾート感覚でご飯を頂く』という優雅なお店がふたつ。

 

「…2階のお店はウチらには眩しすぎるいかい、次んトコ行こーや ( ;∀;) 」

 

3Fは、ほぼ全てがレストラン街だ。

和食のお店もある。プールに和食は珍しいのではないだろうか。

団体客専用の予約制レストランもあれば、地中海料理専門店もある。

 

 

本格的なお店ばかりかというと、そうではなくて、
アイスクリームショップ・バーガーショップ・喫茶店もある。

 


『忘れられない味』…どんな味なのかとても気になる

 

更にはカウンターバーまである。
このバーでは全席からビーチが見渡せるらしい。

 

「なんねそれ!完全にトレンディドラマの世界やがー!Σ (゚∀゚;) 」

 

オーシャンドーム、各ゾーンについて

さて、肝心のウォーターパークをみていこう。

ウォーターパークは1Fにあり、3つのゾーンに分かれている。

 

先述のグレートバンクを中央に、

右側がバリハイ火山のあるバリハイゾーン

左側が名前からしてイケてるラバーズヒルゾーンである。

 

グレートバンク

ふたつのゾーンに囲まれた『自然の海を超えた海』

沖では大人や元気な中高生が漂い、波打ち際ではワンレンのお姉さんやちびっこ達がキャッキャウフフと楽しんでいる。


シェル型の海にロマンを感じる。

長さ140メートルのシュガービーチにハイテクなグレートバンクの波が寄せる。

 

沖には黄金の鏡が眠るという伝説の黄金の島と、大きな輝く紫の石が眠るという伝説の宝石の島がある。

 

 

バリハイゾーン

バリハイゾーンには大きな流れるプールや大きなスライダーがあり、その中心にバリハイ山がある。

 

なお、バリハイ山はときどき轟音とともに噴火する。

 


立ち昇る噴煙

 

バリハイゾーンは太っ腹ゾーンだ。

ドラゴンスライダーは、90メートル級とかなりの長さでありながら、無料。

 

特大級の水鉄砲スプラッシュガン無料。

さらに、竜の居る洞窟を探検するアトラクション竜の神殿も、無料。

 

そしてバリハイ山の噴火も無料で間近で見られるゾーンとあって、ちびっこ連れのファミリー層には特に人気があることは想像に難くない。


15分ごとに噴煙をあげ、そして毎正時ごとに景気よく噴火するバリハイ山

 

有料アトラクションはウォータークラッシュ(600円)のみである。

なお、このアトラクションは、かなりリアルさを追求した急流下りのシュミレーションシアターで、迫力ある音と映像を浴びるだけではなく、途中実際に水しぶきを浴びることとなる。

 

 

ラバーズヒルゾーン

ラバーズヒルゾーンは、文字どおり恋人たちの丘。
ここで愛を語り合った恋人たちは必ず結ばれしあわせになるという。

 

恋人たちの語らいが聞こえるという高台の灯台公園や、子ども用プールのキッズパラダイスなど、ラブ&ピースな優しいゾーンなのだが、

 


ロッキースライダー(200円)


ロストワールド(600円)


アドベンチャーシアター(600円)

 

『財布に優しい』とは言えないゾーンでもある。たかが数百円と思うかもしれないが、入場料とは別にこの料金が必要なのだ。ラバーズヒルはビバリーヒルズ的なお財布が必要なゾーンであるとも言えよう。

 

ただ、この価格に見合ったアトラクションであることも確かなのだ。アドベンチャーシアターは特に。

ジョージルーカス率いるILM社制作SFX映像と振動座席で宇宙旅行の気分を楽しめるのがアドベンチャーシアターなのだ。

 

「ジョージルーカス!?!? え!?あのスターウォーズとかインディージョーンズとかのジョージルーカス???」

 

そう、そのジョージルーカスだ。

 

更にいうとディズニーランドの伝説のアトラクションキャプテンEOの制作総指揮も彼であり、令和元年ではすっかりおなじみのピクサーアニメーションスタジオだって、元々は彼の傘下で誕生した会社である。

 

「…ディズニーランドのアトラクションとおんなじレベル…凄すぎる…(((゚д゚;)))」

 

『財布に優しいとは言えないゾーン』と書いたが、東京ディズニーランドと同等のクオリティのアトラクションを、宮崎県内の恋人たちが、飛行機に乗らずに楽しめるのだとしたら、これはかなり素晴らしいことなのかもしれない。

 

「同級生に、カノジョをディズニーランドに連れて行くために旅費も含めてバイトで10万貯めたコがおるっちゃけど、ディズニー行った直後にフラれたとよね…」

 

それは平成元年あたりにオーシャンドームがあれば、回避出来た悲劇かもしれないな…。

 

ナイトショーのこと。

各プール、アトラクション、その他いろいろな面でハイテクなオーシャンドームだが、夜は特にスゴイ。

ハイテクの極みなのだ。

 

20時くらいから始まる30分間のナイトショー、オーシャンドーム・イリュージョンがそれだ。

オーシャンドームのメインイベントであるこのショーは、ウォータースクリーンからして、もうスゴイ。
令和元年あたりの感覚でいうと、プロジェクションマッピングに近い感じかもしれない。

水を大量に特殊なポンプから噴射させて作る『水の幕』に様々な映像を映し出す、平成7年(1995年)では超ハイテクな技術だ。

 

オーシャンドーム・イリュージョンでは、そんな超ハイテクなウォータースクリーンに映し出される幻想的な映像と、グレートバンクのハイテクで多彩な波や噴水、そして眩いレーザーの光と音楽で、ファンタジックな『夢の海』の世界を創り出してしまうのだ。

 

さらにこの『夢の海』の波を自在に乗りこなすサーファーの方々の妙技や、ダンスなども披露される。

 

「てっげキレイー!!!アポロの泉の噴水もキレイやけどケタ違いやが!これは見応えあるねー (*゚∀゚*) 」

 

平成7年(1995年)のオーシャンドームで遊んでみた感想は?

さて、今日一日オーシャンドームを探検した高校生はどんな感想を抱いたのだろうか。

 

「うん…楽しかったちゃけどね。いやホントに楽しかったとよ!オーシャンドーム!新しいし、キレイやし、波のプールも楽しかったし、シュガービーチも広くてキレイで本物の砂浜っぽくて面白かったし!」

 

波のプール…グレートバンクと言いなさいよ。それで、そんなに「楽しい」を連発するわりに、なんだね、その煮え切らない言いようは。

 

「…混み過ぎてて大きいプール以外、なんも遊べんかったとよorz  

ラバーズヒルのアトラクションが混んでるのは最初から覚悟しちょったけど、バリハイの水鉄砲とかドラゴンスライダーとかが、まさかそれ以上に混んじょるとは思わんかった…どんだけ並んでも順番が回って来んっちゃもん…

ちっさいスライダーやったら大丈夫かと思ったら、ちびっこの大行列で、とてもじゃないけど、高校生の私が並んだらそれだけでヒンシュク買いそうやったし…

じゃかい、ずっと波のプールと流れるプールを漂っちょったとよ (;▽;)

 

なるほど、無理もない。

実は平成7年(1995年)の夏は、特に混んでいたのだ。

高校生が最初に見上げていたシーガイアのホテルオーシャン45、このホテルのオープンが前年の平成6年(1994年)10月。

平成7年の夏は、このホテルがオープンして最初の夏だったのだ。

『新しい一大リゾート施設で夏休みを過ごそう!』と、

 

県内外から一斉に観光客が押し寄せたこの年の夏のシーガイアは、たとえ収容人数最大1万人を誇る広大なオーシャンドームであったとしても、捌ききれるものではなかった。

 

『イモ洗い』という言葉があるが、グレートバンクや流れるプールをはじめ、館内の状況は、まさにそれそのものであった。

 

「小学生のとき、ディズニーランドに連れて行ってもらったっちゃけど、とにかくなんもかんも全部てっっっげ並んじょったと!そんときの行列と変わらんかったよ!てげ混んでた!!!」

 

ディズニーランド…そうそう、話が横道に逸れるが、

『オーシャンドームとディズニーランド』といえばひとつ書いておいた方がいいだろう。

平成7年のオーシャンドームの入場料金をご覧頂こう。

 

 

最もスタンダードであろう、個人のワンデイチケット(大人)4200円。
平成7年あたりの東京ディズニーランドのそれと比べて、1000円以上高いものであった。

 

なお、ビューチケットという記載があるが、これはアドベンチャーシアター(2F)と、オーシャンドームの3F、すなわちレストラン街にのみ入場可能なチケットである。

これがレストランの料金ではない。これプラス、レストランでの食事の料金が必要となる。

 

「うん…リッチじゃないとなかなか来れんよね。じゃけど、それでもあんだけお客さんが来ちょるっちゃかい、これからも人気スポットとして大活躍するっちゃろねー♪」

 

もう少し未来にタイムスリップしてみようか?

 

「おー!いいねー行ってみよう!どうせなら【高校生その1】が教えてくれた『コレ』見たいかい、こんくらい未来まで行ってみようや♪」

 

スポンサーリンク


 

シーガイア・オーシャンドーム、現在の様子は?

【平成が終わるちょっと前の夏にタイムスリップした高校生】

彼女は再び、シーガイアの真っ白な高層ビルを見上げていた。

 

「さっきおった時代から20年以上未来まで来たけど、相変わらずこんホテルはキレイやねー!」

 

ホテルオーシャン45は、20余年の時の流れのなかで、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートという新しい名前に生まれ変わり、施設も更に最新のものへとリニューアルされ絶賛営業中である。

県外・海外からの観光客はもちろん、県民も時おり自分へのご褒美としてこの施設内のレストランや温泉等を利用したりと、今や宮崎のランドマークのひとつとしてすっかり定着している。

 

「平成7年も賑やかやったけど、20年以上たっても大人気やねー!よかったよかった♪ この調子やと、オーシャンドームも相変わらず激混みやっちゃろうなー ( ̄▽ ̄;) 」

………

 

高校生はオーシャンドームの方向を向いて茫然としていた。

 

 

「無い…」

 


どこにもない・・・

 

あの、巨大な、
縦にも横にも巨大な、

白と銀色のドームが、忽然と姿を消している。

 

目の前には、ただただ広い更地があるのみだ。

 


どこから見てもあのドームは見当たらない・・・

 

平成28年(2016年)夏、オーシャンドームの解体工事は始まり、
翌平成29年(2017年)春にその全てが姿を消した。

 

その原因、経緯についてはweb上だけでも数多の資料・記事があるので、ここで書くのは控えるが、とにかく沢山のことを経て、

今、

彼女の目の前には広い更地が広がっている。

 

※参考までに。オーシャンドームが解体された代わりにというべきか・・・
一ッ葉地区に不可能と言われていた海水浴場が、現在は人工ビーチということで「みやざき臨海公園」内に夏の間オープンして、今やすっかり宮崎市の海水浴場スポットとして定着している。


(令和元年シーズンの一ッ葉人工ビーチ)

 

 

「…何があったか、私には難しいことはよく分からんけど、

あんなに大きい、して、あんなにハイテクで豪華で、みんなキャーキャー言って楽しく遊んで、大混雑してた場所が、こんなあっけなく無くなるって…よっぽどの事があったっちゃろね…」

 

そう呟きながら、高校生は、斜め前方にポッと暖色の灯りがともったことに気が付いた。

 

「あれ?お祭りやろか?…あ!ひょっとして【高校生その1】が教えてくれたイベントかー!!!ちょっと行ってみようや―!」

 

オーシャンドーム跡地から5分ほど歩いた場所にそれは現れた。

 

 

「うわー!!!てっげキレイー!!!!!」

 

シーガイアのすぐ傍にある公園フローランテ宮崎で開催される夏のイベント、宮崎グルメとランタンナイトである。

 

平成23年(2011年)から毎年開催されており、今やすっかり夏の宮崎の風物詩となっている。
(詳細はコチラ)

 

「この公園、ウチらのおる平成元年あたりにはカゲもカタチも無いし、平成7年のオーシャンドームで人いっぱいやったときも無かったよね?」

 

そう、フローランテ宮崎は平成11年(1999年)に開催されたイベントの後、平成12年(2000年)4月29日、みどりの日に誕生した公園である。

 

出来たばかりの頃は試行錯誤の繰り返しだったと思われるが、様々な努力を経て、

夏のランタンナイト、冬のイルミネーション、春・秋のフローラル祭と県内外から沢山の人々が集う場所として成長したのだ。

 

「あんだけ大きいオーシャンドームが無くなったの見てビックリしたし…悲しかったけど…そんかわりに新しく出来たこん大きな公園がけっこう頑張っちょっちゃね!なんかホッとした~ (*´ω`*) 」

 

無くなってしまったオーシャンドーム…

確かに建物は無くなったのだが、実はこのランタンナイトの縁の下の力持ちとして活躍してくれているのだ。

 

「あ!そういえばココに来る途中で、オーシャンドーム跡地の立体駐車場にいっぱい車が停まっちょった!」

 

そう、ランタンナイトに県内外から訪れる沢山の観光客の為に、
オーシャンドーム跡地の立体駐車場は臨時駐車場として無料開放されているのだ。

 


※令和元年あたりの現在、普段は閉鎖されているオーシャンドーム跡地の立体駐車場だが【フローランテ宮崎】以外のイベントでも
『コブクロ』等、アーティストの野外ライブや大型イベント時の臨時駐車場として開放されている。

 

「・・・なんか、オーシャンドームがお兄さんで、妹のフローランテを助けてあげてるみたいやね。そうやって考えるとちょっと泣きそうやっちゃけど (´ノω;`) 」

 

高校生にありがちな、妄想力の逞しさである。

 

しかし確かに…

 

2019年8月、

このランタンナイトと、更にコラボ開催が決定したニコニコ町会議に、例年以上に多くの人々が県内外からフローランテ宮崎に訪れるだろう。

 

その際、

更地のそばにある無料の臨時駐車場を利用することがあれば、

 

そこには以前、
ハイテクと豪華の集合体、

巨大なオーシャンドームがあったことをチラッと思い出してもらえると、ただの臨時駐車場も感慨深いものになるかもしれない。

 

ここには確かに、

 

たくさんの人を笑顔にさせてくれた一大リゾート施設があったのだ。

 

今年の夏もオーシャンドームの跡地のすぐ傍らで、
1万灯のランタンの、

暖かい灯りがともるのだろう。

 

スポンサーリンク
◇宮崎の美味しいお店や食べ物はコチラ♪※姉妹サイト

古今東西 おいしいものをアナタに・・・

胃袋は笑う。〜宮崎の食べ物・お店〜