MIYAZAKI♥LOVE
平成元年付近や21世紀になった宮崎のことを語ろう
宮崎市に関する思い出

キッドは宮崎市にあった寿屋のディスカウントスーパー!場所や思い出などを語ってみる

【寿屋】といえば、

平成元年あたりの宮崎の高校生で
存在を知らないヒトは、
まず居ないのではないでしょうか?

当時、
『宮崎中心街3大デパート』のひとつとして
大きな存在感を放っていた
宮崎寿屋百貨店をはじめ、

県内外のいろんな場所に寿屋は存在しました。

さらに、
寿屋が運営するお店も様々ありました。

グルッぺ、ぶ~け、くらし館、エブリワン…

 

そして、キッド。


寿屋キッドのロゴ「曖昧だけど、多分ロゴはこんな感じ~」と言いながら、絵師がチャチャッと描いてくれました。

 

スポンサーリンク

寿屋キッドというお店のこと

1986年、寿屋がディスカウント部門として
熊本市の寿屋尾の上店を業態転換させて開店したお店、
それが【寿屋キッド尾の上店】

寿屋キッドの1号店です。

宮崎市民としては寿屋というと、
どうしても【寿屋百貨店】、
またはスーパーっぽい寿屋のイメージが強いのですが、

ディスカウント部門もあったとは…

コンビニもレストランも運営してたし、
めっちゃ手広くやってたんだなぁ寿屋。

さすが、かつての九州最大の小売業チェーン!

 

さてこの1号店を皮切りに、
いくつかの寿屋がキッドに業態転換しました。

 

宮崎市立宮崎中学校の向かい側にあった
寿屋宮崎昭和店もそのひとつ。

 

寿屋キッド昭和店のこと


平成元年あたりの地図。ココにあったんですな。

宮崎駅前の寿屋百貨店よりは小さいけれど、
地域住民にとっては日々の生活に欠かせなかったであろう、
2階建ての寿屋宮崎昭和店。

それが1980年代後半、
寿屋キッド昭和店としてリニューアルオープンした当時は、
お客さんが多すぎて、寿屋他店から応援要員が出張して来ていたのだとか…

地域住民のみなさん、
いや、地域住民にとどまらず、
当時の宮崎市民の、キッドに対する期待の高さが伺えます。

実際、
ディスカウント業態にリニューアルしたことで、

普通のスーパーやショッピングセンターより、
お手頃価格でお買い物出来るようになったわけですから、

そりゃ期待も高まるし、
お客さんも集まるよなぁ^^

 

寿屋キッド昭和店、お店の様子

さて、寿屋キッド昭和店
どんなお店だったのか、いくつかの情報を頂きましたので書いてみますね。
(情報が増え次第、随時更新します♪)

■入口は青木医院側と駐車場側の2箇所にあった

証言によると、この赤マル付近が入口だったとのこと

■入口にはオレンジのテントがあった

■2階建てだけど広くはなかった

■広くないというか、店舗のキャパシティを超えるほど、豊富な品目がギッチギチに置かれていた為、店内が狭かったw

■土地勘が無いと、ちょっと入りにくい(見つけにくい)位置にあった

■駐車場はキッドの建物に隣接した位置の他に
【宮崎太陽銀行】の裏にもあったのだが、
太陽銀行沿いの道は遊歩道の為、車では入れないという罠があったw

■駐車場側入り口付近に自転車売り場があった

■食料品から家電まで幅広い品揃えのお店だった

■洗剤が激安だったのでよく買いに行っていた

■衣料品も扱っており、ヤング好みの品もお手頃価格で売ってくれていた

■当時最新機器だったウォークマンやWカセットデッキ等はココで購入した


更にこんなものまでも…!?

■ファミコンソフト売り場の品揃えが充実していて、
子どもにとってはワンダーランドだった

■ファミコンソフト売り場にはゲームのデモを流すテレビが置いてあり、
子ども達はそれを長時間ウットリと眺めていた(複数証言ありw)

■【ドラクエ4】発売日は行列が出来ていた

■店内にうどん屋さんがあり、学校帰りのヤングたち御用達だった

■敷地内にバナナの木みたいなのがあった

 

頂いた様々な情報からも、日々の生活に欠かせないお店だったことが伺えます。
愛されていたんだなぁ…

 

寿屋キッド昭和店、現在は…

そんな寿屋キッド昭和店ですが、

1999年(平成11年)あたりに閉店、
そして解体されてしまったとの情報があります。

現在寿屋キッド昭和店の跡地は、
一部が診療所(青木皮膚外科医院?)の敷地となり、
残りの跡地は駐車場になっています。

またキッドに入る角地にあったガソリンスタンドは、
現在、セブンイレブンになっています。

すっかり様変わりしてしまった跡地ですが、
当時の名残を見ることが出来る場所もあるんですよ♪

それは、
セブンイレブンの駐車場から小道を挟んで向かい側の駐車場!

敷地内の白線の年季の入り具合が
ハンパないです。

あれは10年やそこらで出せる色味ではない!

ひょっとしたら、キッドの前身である【寿屋宮崎昭和店】時代から
変わっていないのではないかというレベルです。

また同敷地沿いに立っている鉄製とおぼしきポールも、
時代の生き証人なのだと思います。

『元々は真っ白だったんだろうなぁ』
という痕跡を仄かに残しつつ、
寂びのある、見事な錆色になっております。

ちなみに駐車場裏手のプロパンガス屋さんは健在です^^

 

生まれ変わった【寿屋キッド】

昭和店以外にも県外に複数あった寿屋キッドですが、

2001年末から2002年初頭における
親会社【寿屋】の衝撃的な全店閉鎖に伴い、

寿屋直営のキッドも閉店となってしまいました。

ただ、
それを遡ること数年前の1999年に、

寿屋は、キッド専門の運営子会社
【アレス】を設立していました。

その【アレス】は2002年に寿屋(ラララグループ)を脱退。

そして新生【スーパー・キッド】として運営をスタートし、現在に至ります。

【スーパー・キッド】は、
現在、宮崎県内でも都城と延岡で営業されていますね^^

それらのお店は、
『寿屋キッドのDNAを引き継いでいる』と言えるのかもしれません。

 

スポンサーリンク






 

キッドにあった?♪バナナーはどーこへ行ったのか♪

♪バナナんバナナんバーナーナ♪でおなじみの童謡ではありませんが、
寿屋キッド昭和店、実はバナナ問題というのがありまして…

少し調査してみました。

頂いたお話によると、
「キッドの駐車場にバナナの木があったはずなんですが、誰一人覚えていないんですよね。。。」
とのこと。

こういうの、あるよね…

というか、
おもちゃのBANBANリピートの記事でも書きましたが、

そういう、
消えそうになっている、
『各々の些細だけど大切な宮崎の記憶』を守りたいのが、コチラのサイトです!!!(笑)

で、このバナナの木なのですが
結論から申しますと、

「あったよー」という情報が
複数寄せられました!

あったんですよ!
寿屋キッド昭和店にバナナの木!

正確にはバナナではなく、
バナナっぽい別種の植物だったかもしれませんが、

とにかく『バナナっぽい木があった!』と、複数の方が覚えておられました。

…ただですね、
木があった場所についての情報がまちまちなんです(^^;

■情報その1
キッドの駐車場内にあった

■情報その2
キッド裏手の駐車場と民家(または古いアパート)の境目にあった

■情報その3
キッドと隣接する、青木皮膚外科医院の敷地内にあった

■情報その4
「バナナの木みたいなの、
てっげ邪魔やったw」

その4ちょっとまてwwwという感じがありますが、
これはかなり重要な情報で、

「邪魔だった」ということは、
邪魔になりそうな場所…

すなわち、

『人または車の出入りが頻繁にある場所』

この情報から、
バナナの木はそういう位置に存在したのではないか、と推測できます。

この4つの貴重な情報をもとに
バナナの木がどこにあったのか、考えてみました。

 

平成元年あたりの寿屋キッド付近の地図、再び召喚! 
きっと、この辺にあったんだ…ッ!

って、場所しぼりきれてないやないかーいw

たしかに、一箇所にしぼりきれていないのだけれどもwでも!

太陽銀行側の大駐車場ではなく、

キッドの店舗側駐車場、
または、その付近だった可能性が
かなり高いと思います。

このバナナ問題、引き続き情報をお待ちしております!

「ココにあったよ!」という情報はもちろんのこと、
「あれはバナナではなく○○という植物だ!」という情報や
「その木のバナナ食べたわー」という情報も、めっちゃお待ちしてますw

◇宮崎の美味しいお店や食べ物はコチラ♪※姉妹サイト

古今東西 おいしいものをアナタに・・・

胃袋は笑う。〜宮崎の食べ物・お店〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください