MIYAZAKI♥LOVE
平成元年付近や21世紀になった宮崎のことを語ろう
宮崎市に関する思い出

イズミヤ宮崎店・レマンはいつまででなぜ閉店?跡地はどうなるの?

宮崎市の大淀川を挟んだ南側にあるショッピングセンターといえば、

「宮交シティ」そして、
レマン」ではないでしょうか?

様々な新しいお店が増えて町が様変わりしても、

この2つのショッピングセンターは、
宮崎市の南側地域を支えるお店の中心として、

昭和の時代から今まで頑張っていましたが。

 

宮交シティがリニューアルして新しく生まれ変わったことに反して、

レマンがついに・・・閉店!?

 

そんなニュースが新聞の一面に載っていて、

ビックリしたのと同時に、
これはショックです・・・

 

それにしても、

地域周辺を支えてきた「レマンショッピングセンター」は、
一体なぜ閉店することになったのでしょうか?

 

※2020年2月。
完全閉店を前に「レマン」へ行ったので画像などを追加しました。

 

スポンサーリンク

レマンことイズミヤ宮崎店について

まずは「イズミヤ宮崎店」について。
今さらながら調べてみました。

 

「イズミヤ」とは大阪府大阪市に本社を置く、
スーパーマーケットを展開する準大手小売業者で、

「エイチ・ツー・オー リテイリング」のグループ企業になります。

 

その「イズミヤ」が運営するスーパーはというと、
現在近畿地方を中心に80店舗以上あるのですが、

九州はなんと!宮崎市の1店舗だけしかないんですね!?

・・・そういえば、
レマンとみんながそう呼んでいるイズミヤ宮崎店以外で、

宮崎の他の地域だけでなく、
近隣の鹿児島・熊本・大分などでも「イズミヤ」は見かけません。

ということは今回閉店が決定したことで、

宮崎どころか九州から「イズミヤ」という名前のスーパーマーケットなくなる、
ということになるんですね。

とはいえ「イズミヤ」については、
HPを拝見するところによると2019年5月に新しい店舗が開店しているようなので、

 

今後は近畿地方限定でやっていくのでしょうか?

 

かつては他の地方にも「イズミヤ」はあったそうですが、

2009年は中部地方・2016年は中国地方・2017年は関東地方から、
「イズミヤ」は次々に撤退していき、

そして今回・・・宮崎からも撤退となると、

「イズミヤ」は近畿地方にしかない、
完全に地域限定のスーパーとなってしまうんでしょうね。


このロゴが2020年には宮崎から完全に消えてしまうのか・・・

 

ところで「イズミヤ宮崎店」は、
「レマン」の愛称で地域住民に愛されていますが、

正式にここは、
「レマンショッピングセンター」という名前なんですね。

そして「イズミヤ宮崎店」を始めここには様々な店舗が入ってますが、
建物そのものは現在「イズミヤ」の所有となっています。

 

ちなみに開店当初は、
「宮崎いづみや」が運営していたらしく、

宮崎県農業試験場などがあった場所に、
「レマンショッピングセンター」が開業したのが1972年10月。

また同時期には宮交シティや、
橘通りの「カリーノ」の前身・「寿屋」(懐かしい!)も開店した時期、
ということなので、

この時期は大型スーパー・デパートが、
宮崎に次々出店してにぎわっていた時期だったんでしょうね。

 

さて「ショッピングセンター」というだけあって、
「レマン」には「イズミヤ」だけでなく色んな店舗が入っていますが、

2019年7月現在どのような店舗が入っているのか?というと、

  • 100円ショップ:ミーツ
  • 健康器具・健康食品:白寿プラザ
  • 時計:TIME Q
  • お茶:松田茶舗
  • レストラン:マリオネット
  • クリーニング:クリーニング らいふ
  • レディスファッション:サン・イトミヤ
  • レディスファッション:イエーリー
  • アミューズメント:レマンランド
  • 惣菜・弁当:花ごよみ
  • 和菓子:くらや
  • 衣料リフォーム:ママのリフォーム
  • 保険ショップ

・・・こんなに沢山店舗が入っているなんてw



昭和のデパートのレストランを感じさせる雰囲気がある「マリオネット」


コチラはめちゃ安くて美味しい!「レマンラーメン」と1番人気の「ちゃんぽん」

 

改めてこうやってみると、
本当に多くのお店が入っているので、

「レマン」に行けばたいがいの買い物は全て揃いますよね。

 

なかでも私は
和菓子の「くらや」さんが売っている和風チーズ饅頭が大好き!!

 


※ちなみに「お菓子のくらや」さんは「レマン」閉店後2020年4月より「山形屋」のテナントが入るとの事です。

 

そして「レマン」の魅力は店舗の多さだけじゃない!

今では宮崎のデパートで見かけることのない、
屋上の遊園地が唯一あるのもココだけなんです。


 

なので「イズミヤ宮崎店」の閉店でこれらのお店や施設がなくなるのは、
非常に残念です・・・

 

ちなみに私自身近頃はあまり「レマン」に行く機会がなかったので、
この記事を書くまで気付いていませんでしたが、
(すみません)

実はかなり前に、

別館にあった「レマンホテル」と、
「昭和のパチンコレマン」はすでに閉店していたんですね・・・

 


かつてスポーツのキャンプや地元の会議などでも利用されていた「レマンホテル」


「レマンホテル」の中にはこんなレストランもありました(涙)※ホテルの閉業と共になくなった

 

開業時は地元開発会社の投資で作られたという、
「レマンホテル」。

その閉店の理由は「売上高の低迷」と言われていて、
「レマンホテル」の跡地は今やマンションになっています。


(2019年8月現在)※この店のネーミング!すっごく渋くて好きだわー

 

ところで実際に今の「レマン」を見に行ったところ、
レマン前・パチンコ屋の隣にある飲食店などのお店は今でもやっていて、

「レマンコーポ」というアパートの1階に店舗が入っている、
という感じになっていたのですが、

・・・前はこんなんじゃなかったよねww


(出典:https://toshoken.com/news/16269

そうそう!この右側のレンガのお店!!こんなのあったよねー

 

レマン、閉店の理由とは?

近くの宮交シティが「ダイエー」から「イオン」になっただけでなく、
店舗の大々的な改装を行いリニューアルしたのに対して、

「イズミヤ宮崎店」がある「レマンショッピングセンター」は、
大々的な改装することなく、

1972年に開店した店舗は当然ながら老朽化も進んでいるわけですが、


レマンの屋上から宮交シティを見た風景。ダイエーじゃなく今はイオンだということがここからハッキリ分かります。

 

新聞などの記事によると2019年7月25日に、
入店している店舗に対して、

「レマンショッピングセンター」の売却による閉店についての説明会があり、

そこでイズミヤ側が「経営が厳しい」という閉店の理由が述べられた、
ということのようです。

 

うーん・・・
周囲に色んな店舗が出来て多様化していることから、
お店のお客さんも減っているのかな・・・

昔からあるお店がこういった理由でなくなってしまうのは、
本当に残念です。

 

レマン閉店後、跡地はどうなる?

ところで宮崎市南部の地域住民を中心に、
「レマン閉店」の関心度は高いと思われますが、

お店が完全に閉店してしまったら、
その跡地は一体どうなってしまうのでしょうか?

個人的な意見として、

「イズミヤ」が撤退しても、
代わりの新しいショッピングセンターが出来たらいいな、
なんて思うのですが。

しかし現在分かっている情報のひとつとして、

売却先は「レジャー娯楽施設」を運営する大手企業が有力、
と以前掲載された新聞記事に書かれていたことから、

どうやら「パチンコ屋」?のような娯楽施設ではないか?
という話が有力で、

新たなショッピングセンターとして生まれ変わる可能性は、
現時点では低そうですね・・・

とはいえ今後についてはまだ正式な話はないようなので、

この先どうなるのか?
分かり次第追記したいと思います。

 

※2020年6月追記※

SNSの情報によるとレマンの跡地は、
パチンコ店「マルハン」になるという情報が入ってきました。

・・・やっぱり噂どおりなのか?
という感じですが。

現時点で実際に跡地を見に行っていないので、
また確認出来たらご報告いたします。

 

スポンサーリンク






 

レマン・イズミヤ宮崎店の完全閉店はいつ?

宮崎市民に愛されていたショッピングセンター「レマン」。

その完全閉店はいつ?
ということですが、

その日時は、

  • 2020年2月20日 18:00

この記事を書いた当初はまだ「予定」の段階だったのですが、
これで完全閉店は確実となりました。

 


※こちらは2月1日のチラシです。

 

完全閉店前のレマン、店内の様子について

ということで、
完全閉店前の「レマンショッピングセンター」に行ってきたので、

店内の様子をお伝えしたいと思います。


※2020年2月15日最後の土曜日・開店直前にはすでに多くのお客さんがいました!

 

まずは現在開催されている、
「さよならレマン思い出展」について。


レマンを惜しむお便りが沢山貼られています・・・本当に愛されているんだなあ。

 

ここには貴重な思い出の写真や、




 

昔の航空写真。

 


※拡大!!↓

そういえばあったね!ボーリング場!!

 

懐かしい広告チラシ!

さらに店内のレイアウトも。

 

これ以外にもここには貼っていませんが、
従業員の方が総出演された「レマン祭り」の懐かしいCMも見れました^^

 

ちなみにこの展示は「1階フードコード前」ということですが、
フードコートが・・・

がらーんとした、
イートインコーナーになっていました。

 

そんな完全閉店間近の、
「レマンショッピングセンター」。

店内の様子はどうだったのか?というと・・・

表には「閉店」セールの文字が書かれており、

さらに店内を見渡すと・・・

店内あらゆる場所に、
「売りつくし」の文字が書かれていて、

しかもモノによっては半額で買えるもあるため、

もしかしたら、
欲しかったものが安く手に入るチャンスかも?( *´艸`)

その上なんと!
100円ショップなのに更に20%オフ!?

 

・・・ですがその一方で、

すでに店舗が閉鎖されている箇所もあり、

 

食料品もよく見ると、
棚に商品が並んでいない箇所がありました。

 

ちなみに本屋さんはこの時点ではまだやっていましたが、
全館完全閉店よりも一足先に閉店されるようです。

 


そしてガチャガチャも一足先に撤去されるらしい・・・(2/17まで)


レストラン「マリオネット」のレジにも閉店のメッセージが・・・

 

それでも店内を見渡すと、
パッと見普段通りの光景が見られる箇所もありました。


ひな祭りのお菓子が売ってた!


県外の人もレマンに来れば宮崎のお土産が買えちゃう♪


ATMだってある!!レマン・・・色々揃いすぎ!!


専用カードの案内とか見るとこの先もずっとやっているんじゃないかって思うよね。

 

でも・・・

この「売りつくし」の文字が、
いよいよ閉店なんだなっていう雰囲気が出ていて、

もうすぐこのお店がなくなるんだなっていう、
実感が沸いてきましたよ・・・

 


あまりにも沢山写真を撮り過ぎたので(笑)YouTubeにもスライドショーぽくUPしてます。


※おまけ:夕暮れ時のレマン

 

 

ーこうしてみると、
「レマン」に行けばなんでも揃っていますよね。

買い物だけでなく、
遊ぶところも食べる場所もあって、

また思い出の写真を見ていたら、
かつては色んな行事も行っていて、

本当に地元に密着し愛されたお店だったんだなって、
改めてそう思いました。

 

長い間本当にお疲れ様でした。
そして・・・ありがとうございました。

 

*:・’゜☆’ .:*:・’゜☆’ .:*:・’゜☆’ .:*:・☆

 

そういえば2013年に閉業したレマンホテルってどんなホテルだったんだろう?

昔会社の会議とかで使っていたし、
スポーツキャンプとかで利用されていたみたいだけど、

思えば高校生の時はなんか・・・謎だったんだよね^^;

 

 

スポンサーリンク






 

平成元年あたり、ある日のレマンからの帰り道での出来事。

平成元年あたりの宮崎の高校生たちは、レマン1階のフードコートでソフトクリームを食べたあと、屋上のレマンランドでちょっと遊び、帰るところだった。

ふと、レマン横の建物を見てひとりが呟いた。

高校生B
高校生B
レマンホテルってさ…何ホテルやっちゃろか?
高校生C
高校生C
何ホテルってどういう意味ね?
高校生B
高校生B
いや、プラザホテルとか青島のホテルとかは観光客が泊まるホテルやがね、じゃかい眺めのイイ大淀川沿いとか海の近くにあるやろ?

でも、ここからは大淀川は見えんし、ましてや海なんか絶対見えんがね

高校生A
高校生A
うん。確かに見えんね。観光ホテルじゃないよね~ビジネスホテルやないと?
高校生B
高校生B
 いや、でもビジネスホテルって駅とか空港の近くにあるっちゃないとや?ここからやと空港まで結構な距離があるし、南宮崎駅もそんなに近くないやろ?
高校生C
高校生C
そうやね~、確かにいちばん近い南宮崎駅まで行くにも、ちょっと微妙な距離ではあるよね
高校生B
高校生B
…五番街とか、そういうホテルと同じタイプやないっちゃろか
高校生A
高校生A
はぁ?!?!
高校生B
高校生B
だってよね、あの上の方のカタカナのネオンの感じとかよ、似てない?五番街とかに…
高校生C
高校生C
似ちょろか!絶対違うがっ!( ̄▽ ̄;)

『五番街』…それは平成元年あたりの宮崎、大淀大橋南詰の付近にあったホテルの名前である。

その後『プロヴァンスの風』という名前になり、そのネオンは平成27年(2014年)晩秋までの長きにわたり大淀大橋の一角を照らしていた。

さらにその後、名前は『Chao』に変わったが、令和元年も存在している。

ご覧の通り、30年以上経っても照らしてるZE☆(大淀大橋を南宮崎駅側から宮崎駅側に向かう位置で撮影。)

平成元年あたりに限った話ではないが、基本、高校生はホテルというものから縁遠い生物である。

観光ホテルなら家族で泊まることもあるかもしれないが、それだって年に何回もあるイベントでは無いだろうし、学生なのでビジネスホテルとなると更に縁遠い。

ましてや『五番街』的なホテルとなると…

高校生には、ほぼ未知の世界であった。誰かに訊こうにも、友人たちだって同じく高校生なので情報が乏しいのだ。

更に言えば、

平成元年あたりにはまだスマホは存在しないし、インターネット自体が一般人には手の届かないものであった。

なので、平成元年あたりの高校生が知り得る情報は、令和元年現在の高校生とは比較にならないレベルの乏しさだったのだ。

それゆえに、こういったスットコドッコイな事を言ってしまう者も存在した…レアケースかもしれないが…

高校生A
高校生A
ビジネスホテルやがっ!スーパーの隣に五番街っぽいホテルなんか建てるの許されるワケがないがねー!
高校生B
高校生B
んー…そうやっちゃろか?そういうルールがあるもんやと???
高校生C
高校生C
あると思うじ。それにアレが無いかい絶対ビジネスホテルやが
高校生B
高校生B
アレ?
高校生A
高校生A
とは…?
高校生C
高校生C
入口のカーテン。アレが無いがね、じゃかい絶対ビジネスホテルやが!
高校生A
高校生A
あ~はいはい!!アレね!
高校生B
高校生B
なるほど納得!!!

 

他愛ない、

ほんっとうに、どうしようもないレベルに他愛もない

ある日のレマンからの帰り道の出来事であった。

 

◇宮崎の美味しいお店や食べ物はコチラ♪※姉妹サイト

古今東西 おいしいものをアナタに・・・

胃袋は笑う。〜宮崎の食べ物・お店〜