MIYAZAKI♥LOVE
平成元年付近や21世紀になった宮崎のことを語ろう
宮崎のお店

宮崎の山椒茶屋が50周年!メニューや思い出について語ってみた

宮崎を代表する名店のひとつ、『山椒茶屋』!

このうどん・蕎麦の名店には、平成の初期あたりからよく食べに行っているお店のひとつなんですが、このお店が2022年に50周年を迎えるという話なので、

ー運営とほぼ同級生と思われる(笑)この名店について、最近食べたメニューとあわせて、思い出などを語ってみようと思います(*’▽’)

スポンサーリンク

山椒茶屋はホントに美味しい名店!おススメメニューを紹介

先日行った「山椒茶屋」にて食べたメニューが!こちらの『ごぼう天うどん』(750円)Σ(・ω・ノ)ノ!

ゴボウが・・・丼からはみ出るくらいの大きさで、しかもうどんの器も通常よりも大きいような(汗)

とにかくボリュームが凄かったのですが、それだけでなく、うどんはモチモチとコシがあって、出汁も美味しいし、もちろん!このゴボウ天もサクサクして本当に美味しかった♪

なんでもこのゴボウ。自社の農場で栽培しているゴボウということから、こんな風に贅沢に、提供できるんでしょうね(^^♪

そして。「山椒茶屋」といえば、現在は野菜サラダが食べ放題なんですよねっ(^_-)-☆

野菜サラダの内容は、店舗ごとに微妙に違う気がしますが、この『ごぼう天うどん』を食べた時のサラダバーの内容をざっくりですが記すと、

  • キャベツなどの野菜の千切り
  • オクラ
  • きゅうり
  • 海藻
  • 大豆
  • たまご
  • シイタケを甘く煮たもの?
  • 大根の漬物

 

こういったものが、すべて食べ放題なのは本当にうれしい♪


ゴボウがとにかく大きいのに加え野菜も食べ放題なので、間違いなくおなか一杯になりますね❤


なお日や店舗によって、「きんぴらごぼう」など付け合わせの総菜が違ったりします☆

 

そして「山椒茶屋」で必ず頼むのが、『おでん』。

コチラはセルフ方式で自分で好きなのを取って、あとで店員さんに数を教えるというスタイルになっていますが、運営は「山椒茶屋」に行ったら必ず『なんこつ』を取ってこんな感じでー

うどんの中に『なんこつ』を入れて、肉うどん風にして食べるのが好きです❤

運営の姉妹サイト(食べ物のまとめサイト)では、「山椒茶屋」についてもう少し詳しく書いています。

 

スポンサーリンク


2022年で山椒茶屋は50周年!思い出を勝手に語ってみた

さて「山椒茶屋」は現在、

  • 宮崎店
  • 野尻店
  • 高鍋店
  • えびの店
  • 熊本大津店

 

県内外5店舗あるわけですが、実は平成元年あたりに宮崎市のお店は現在の南バイパス沿いではなく、大塚町の「下大塚」バス停前にお店があったんですよねー(覚えていますか?)

ちなみにこの大塚のお店ですが、1985年あたりまでこの場所にはファミリーレストラン「グルッペ」があったらしく、1987年あたり?にこの場所は「山椒茶屋」になったみたいです。

そしてこの大塚のお店はほかの店舗と比べるとあまり広くなかったような・・・そんな気がしますが、この当時おでんがなんと!1個「90円」と、とても安かったんですよねー(なお2022年現在は1個130円)

また個人的に運営は当時『なべ焼きうどん』が好きで、こればかり食べていたような気がします☆

なおこの大塚のお店は1996年あたりに閉店したっぽいのですが、大塚のお店が閉店する少し前に、南バイパス沿いの「山椒茶屋」がオープンしたという話なので(1996年4月16日にOPしたらしい)、わずかな期間ですが宮崎市内に、「山椒茶屋」が2店舗あった時代があったということになるんでしょうか??

そんな宮崎店の思い出についてですが、

  • 霧島牛の焼き肉が食べれるメニューがあった

 

南バイパスにある宮崎店ではかつて、メニューの中に「焼き肉」があったんです。

しかもこの焼き肉が「霧島牛」だったのですが、値段が比較的リーズナブルだっただけでなく、現在はおそらく入ることができない?お店の2階には、焼き肉を食べることができるテーブルがあったという思い出がありますが、

このメニュー。何かをきっかけに焼き肉はやめたんですよね・・・

この霧島牛の焼き肉はとても美味しかったので、メニューから姿を消した時は残念だったなあ〜

 

ということで、あらゆる場所にある宮崎を代表するうどん・そばの名店「山椒茶屋」。

ほかの店舗の思い出についても好き勝手に語ってみたいと思います。

 

  • 野尻店:小林方面への行き帰りによく立ち寄っている。お店のそばを流れている川沿いにも(※当時国道から脇道へ入って川の方に下っていく道があった)、「山椒茶屋」のお店があって1度だけここで食事をしたことがあるものの、その後風水害(台風?)でお店がなくなったのか?この場所は幻となった…(涙)
  • 高鍋店:県北への行き帰りによく立ち寄っているお店。火事で休業した時はどうなるのかと心配したが復活してよかった!!
  • えびの店:熊本への ループ峡を通過するときに立ち寄るお店。冬のお座敷が「こたつ」になる。
  • 熊本大津店:阿蘇へドライブした時に一度だけ立ち寄ったことがあるが、当時は確か?バイキングがメニューにあって、しかも宮崎にはない多彩な種類があってとても美味しかった!※ちなみに運営が行ったときは「山椒茶屋」だったのだが、おそらくその後「より鶏味どり」というバイキング形式のお店になり、2021年7月に再び「山椒茶屋」(大津店)になった…?

 

山椒茶屋って1号店はどこなの?

ところで、山椒茶屋ってもともと1号店はどこにあったのか?

てっきり大塚にあったお店が1号店なのかって思っていたのですが、2022年で創業50周年ということは、

  • 1972年に開店

 

その一方で大塚にお店ができたと思われる年代が、

  • 1980年代半ば(1987年あたり?)

 

ということになることから、大塚にあったお店は1号店ではなかったと思われます。

ではどこの店舗が1号店なのか?運営的には・・・

  • 野尻店
  • えびの店

 

これらのどちらかなのかなって思うのですが(・・?

※もしご存じの方がいましたら是非!ご一報ください☆

 

ということで、「山椒茶屋」50周年を迎えたということで好き勝手書いてみましたが・・・これからも宮崎を代表する名店として、ずっとお店が続くことを願っています(^_-)-☆

Advertisements
◇宮崎の美味しいお店や食べ物はコチラ♪※姉妹サイト

古今東西 おいしいものをアナタに・・・

胃袋は笑う。〜宮崎の食べ物・お店〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください