MIYAZAKI♥LOVE
平成元年付近や21世紀になった宮崎のことを語ろう
令和元年頃の宮崎

宮崎名物冷や汁・鶏の炭火焼きが自動販売機に登場!味や価格、設置場所は?

自動販売機といえば=ドリンク、

そんなイメージがある一方で、

クレープの自販機や新鮮卵の自販機など、
ドリンク以外の商品も確かに存在しますし、

おでんの自販機なんていうのも、
一時ブームになっていましたよね。

・・・しかし!

宮崎名物が自動販売機で売られている??

そんな情報を入手した私は、
実際にどんなものなのか?買いにいってみました♪

 

スポンサーリンク

宮崎名物が自販機で売られている!その真相は?

まずこの話を知ったキッカケとなったのが、
コチラのツイート。

宮崎市橘通り・「お菓子の日高」さんの向かいにあるホテル、
「アリストンホテル宮崎」さんのツイート。

ここに「自販機で販売されている冷や汁」って書いてあるのですが、

これがTwitterなどSNSで話題になっていたんですね!

・・・宮崎在住の私としても、
これはぜひ買ってみたい!!気になる!!!

 

ですが置いてある自販機が、
どうやら・・・橘通りの方ということで、

街に用事がないと行くことがないんだよね^^;

ということで、
なかなか行くチャンスがないまま、

話題になってから既に2ヶ月経ってしまいましたが☆

 

今回街に行く機会があったので、
やっとこの自販機を求めて探しに行くことができました!!

 

冷や汁&鶏の炭火焼き、自販機の設置場所と値段は?

宮崎市中心街・橘通りに車で行くとなると、
まず車をどこに停めようか?悩みますよね。

そこで私は「みやざきアートセンター」の手前にある、
「赤玉駐車場」が目についたので、

ここに車を停めたのですが、

なんと・・・!
ここの駐車場の入り口に、

探し求めていた自動販売機があるじゃないですか!?

なんという偶然(笑)


ココの駐車場はボンベルタなどとも提携しているので、ちょっと歩くけど停めたついでにデパートに行くのもアリですよねー

 

車を停めて駐車場から徒歩で左に出ると・・・

おや?早速自販機が見えますが・・・

ま、まさか!コレのことなのか!?

 

はい正解です!あっさり見つかりました(笑)

 

あ・・・「ダイキチ」さんの自販機なんですね。
なるほどジュースが100円!安い!!

ですが。

その中にやたらと高い商品が!?

これが今話題になっている、
宮崎名物・「冷や汁」「鶏の炭火焼き」です☆

 

しかし・・・そのお値段。

「ほとんど100円」と言われている商品の中で、
この2つに関しては、

  • 冷や汁:300円
  • 鶏の炭火焼き:500円

 

だから「ほとんど100円」なのね(笑)

 

えー意外と高い・・・
どうしよう。

 

ちょっと悩みましたが。

これは滅多に買いに行けない!
ということで、

この日の晩ご飯として、
思い切って両方購入してみました。

 

よく考えたら普通にお店で買ってもこれくらいはするかも^^;

 

 

スポンサーリンク


 

自販機の冷や汁&鶏の炭火焼き、中身と味の感想

さてこれらの商品。
自販機から出てきた時は冷え冷えだったのですが、

実際は常温で保存可能な商品となっています。

ですが商品が既に冷えているので、
特に冷や汁はこのまますぐに使えるというのが嬉しいところです♪

 


街ブラしてから帰宅したので既に常温になってたこれらの商品・・・冷蔵庫で一旦冷やしてから使うことにしました。

 

さあ!早速開けてみましょう^^

 

まずは冷や汁から。


冷や汁:自販機価格300円

このプラスチックの容器の中身は・・・

これが入っていました。

ちなみに中身はというと、

そう。冷や汁の「汁」のみがこの袋に入っていて、
豆腐やキュウリといった具は自分で用意しなければならないのです。

私・・・青じそが苦手だから逆にコレっていいかもしれない♪

 

ちなみにこの商品を作っている会社は、
「ナス君の就職先」でお馴染みの(笑)、

「野崎漬物株式会社」さん。

お漬物だけでなく、
冷や汁といった加工品も作っているんですね^^
(これは知らなかった!!)

 

一方で鶏の炭火焼きは?どうでしょうか。


鶏の炭火焼き:自販機価格500円

コチラの商品には「宮崎の名所」のカード入りという、
おまけ付きということで、

じゃーん!

プラスチックの筒の中には鶏だけでなく、
おまけのカード・フォーク・手拭きペーパーまで入っているので、

開封したらすぐに食べることが出来る商品となっています。

ですが・・・コチラも、
購入したては冷え冷えなので^^;

温めた方が美味しい気がしますけどね☆

 

ちなみにコチラの商品は、
「一ッ葉フーズ」さんという会社が作っていますが、

どうやら野崎漬物さんの関連会社で、
おせちや総菜などを手掛けている会社なんだとか。

◇野崎漬物HP:http://www.nozaki-p.com/

 

それでは商品を開けたところで、
早速食べてみました!!


まず冷や汁の方ですが、
ホントに「汁」しか入っていないので、

温かいご飯の上にきゅうり・手で潰した豆腐、
そして青じそ・・・ではなく!私はみょうがを乗せて、

自販機で買ったこの汁をぶっかけただけ!

あっという間に冷や汁が完成です☆

 

一方の鶏の炭火焼きには、
高鍋町産のキャベツと柚子胡椒も添えてみました^^

そして地鶏はきっとそのままでも食べれるのだろうけど、
あえて湯せんで袋ごと温めてからお皿に出しました。

 

さあ!気になるそのお味ですが、

冷や汁の方は、

うん。これは美味い!!!

自分で作る味や家庭の味が一番、
という人も多いとは思いますが、

特にひとり暮らしの人なんかで、
自分で作るのがよだきい!といった、

自分では冷や汁を作りたくない人なんかは、

これで十分満足だと思うし、
(何といっても好きな具を切るだけだからね)

またこの商品。
2人分と書かれていましたが、

正直なところ1人で食べてちょうどいいくらいなので、

おひとり様向けの商品、
と言ってもいい気がします。

 

そして鶏の炭火焼き。

袋を開けた瞬間から炭火のいい香りがして、

味も・・・普段から食べている、
鶏の炭火焼きとなんら変わりなくて、

これも美味しい!!

ただ量が500円にしては少ないっていう気もしますので、

ご飯のおかずというよりも、
酒のおつまみ感覚で食べるっていう感じでしょうか。

 

いずれにしても、
1人分くらいの量なので、

自分用として、
ジュースを買うような感覚で買うか、

またはネタとして、
県外の人なんかがお土産で買っていくのにちょうどいい商品、

ではないかと思います^^

 

ちなみに「Jタウンネット」というサイトよると、
この自販機の設置主である「ダイキチ」の社長・川越道貴さんに、

設置している冷や汁・鶏の炭火焼きの自販機のことについて、
インタビューした記事が掲載されていますが、

それによると川越社長は、

自販機にジュースだけでなく地域に密着したものを設置することを、
4年前から考えていたらしく、

それを実際に実現したのが、
今年(2019年)5月1日だったそうなんです。

そして川越社長は、
自販機を通じて宮崎のことをもっと知って欲しい、

そう思っており、

かといって、
この宮崎名物を置いた自販機を全国に広めるのではなく、

県内の観光施設に展開していくことを考えているのだとか。

 

さて2019年8月現在、
今回ご紹介した場所にしかこの自販機は設置していませんが、

これを人気スポットに設置することで、
ネタとして観光課客がこれを買って帰るのではないかと思うし、

実際に商品も美味しいので、

これは人気が出るのではないでしょうか?

 

今後あらゆる宮崎の観光地で、
こうした宮崎名物が買える自販機が増えていくことを、
楽しみにしています!!

 

スポンサーリンク
◇宮崎の美味しいお店や食べ物はコチラ♪※姉妹サイト

古今東西 おいしいものをアナタに・・・

胃袋は笑う。〜宮崎の食べ物・お店〜