MIYAZAKI♥LOVE
平成元年付近や21世紀になった宮崎のことを語ろう
現在の宮崎情報

東村アキコの漫画がUMKでドラマ化!キャストや放送日時、どんな作品なの?

宮崎市出身の漫画家とえいば!
平成初期あたりではなんといっても、

「友子の場合」の作者・藤野美奈子さん!
(ご存知ですか?)

「友子の場合」というこの漫画作品の中で、
あらゆる「宮崎」を発見出来て嬉しかった思い出がありますが、

この作品が後に実写映画化された時、
「宮崎ティスト」は見られなかったというー

ちょっぴり残念な思い出があります。

 

さてそこから更に何年か経ち・・・
当時の友人から「知り合いが漫画書いているから読んで見て」

そう言われて紹介されたのが、
今思えば・・・それが東村アキコさんの漫画で、

当時はどっちかというと藤野美奈子さんの方が有名だったこともあって、
実は・・・どっちがどっちか?ごちゃごちゃになっていたんですよね☆
(もしかしたらそんなの私だけかもしれないw)

ですが当時新人漫画家だったと思われる東村アキコさんが、
宮崎のことを描いた、

ひまわりっ 〜健一レジェンド〜」。

これがのちに大人気となり、
そこから注目されていくようになり、

現在の活躍に繋がっていると思いますが、

この作品がなんと!
UMK開局50周年を記念してドラマ化される、
ということなので、

これは・・・今から期待が高まりますっ

スポンサーリンク

東村アキコさんってどんな漫画家?

ということで前置きが長くなりましたが、

まずは東村アキコさんってどんな漫画家なのか?
ご存知の方も多いとは思いますが、

プロフィールを簡単に調べてみました。

  • PN:東村アキコ
  • 生年月日:1975年10月15日
  • 血液型:O型
  • 学歴:宮崎県立宮崎西高等学校
    →金沢美術工芸大学美術科油絵専攻
  • 出身:宮崎県串間市生まれ
    →宮崎市出身
  • 備考:弟も漫画家・森繁拓真さん!

プロフィールを見てのとおり、
東村アキコさんは生粋の宮崎人。

しかも高校が・・・あの西高!?
宮崎市でも有名な進学校のご出身なんです。

コチラは東村アキコさんのインスタグラムですが、

漫画家の方には珍しく顔出しされているだけでなく、
和服の似合う美人漫画家として有名です♪

 

ちなみに東村アキコさんの自伝的作品、
「かくかくしかじか」では、

東村アキコさんは高校の時から絵画教室に通っていた、
という話が書かれていますが、

この話に出てくる絵画教室というのが、

市民の森病院の近くにあったという、
「日岡絵画教室」で、

作中に登場する「日高先生」は、
日岡健三さんという画家なんだとか。

市民の森といえば「みそぎの池」などが有名で、
春には梅まつりや花しょうぶ祭りなどが行われている、

市民にとってお馴染みの場所ですが、

この近くに絵画教室があったとは、
この話を読むまで知りませんでした。


東村アキコさん自伝漫画「かくかくしかじか」

 

さて東村アキコさんといえば、

近年はそれこそ「東京タラレバ娘」や「偽装不倫」といった作品が、
相次いでドラマ化されたことでも有名ですが、

一方で特に初期の作品では、

自分が育った場所でゆかりのある宮崎のことを、
作品に取り入れていますよね^^

初期の作品で「きせかえユカちゃん」という作品があるのですが、

ここに登場する「ダイナミック弁当」

実際にこんなお名前の弁当屋さんが、
宮崎市の県庁近くにあったことをご存知の方も多いとは思いますが、
(2018年に?残念ながらお店がなくなってしまいましたが・・・)

こんな感じで、
特に宮崎市に馴染みある名称や場所が作品の中に描かれている、
というところは、

先にも記載している、
藤野美奈子さんの「友子の場合」を思い出すなあと、

個人的にふとそんなことを考えつつ・・・
(ただ「友子の場合」は「神宮中学」とか「北大宮高校」などといった表現で書かれていましたが☆)

またこうして、
宮崎をモデルにすることによって、

宮崎人にとっては嬉しいことでもあり、
また県外の人に宮崎を知ってもらうキッカケにもなりますよね。

 

そんな宮崎ネタ満載の、
「ひまわりっ 〜健一レジェンド〜」

この作品がついに!?
ドラマ化されることになったということは、

これは本当にうれしいニュースです♪

 

スポンサーリンク


 

ひまわりっ 〜健一レジェンド〜ってどんな漫画?

ところでUMKが開局記念にドラマ制作することになった、

東村アキコさん原作の、
「ひまわりっ 〜健一レジェンド〜」。

一体どんな作品なのか?
ということですが、

雑誌・モーニングで2006年から2010年まで連載された、
主人公・アキコの日常を描いたギャグマンガとなっています。

その中に登場する「健一」という、
破天荒で天然な父親がいるのですが、

これがなんと東村アキコさんの父親がモデル。

そして主人公の「アキコ」が、
東村アキコさん自身がモデルとなっており、

また「アキコ」が大学卒業して働いていたという、
作中に出てくる「南九州テレホン」は、

宮崎市中心街にある、
「NTT西日本宮崎支店」。

この場所をモデルとして描かれており、

東村アキコさん自身も漫画を描きながら、
NTTでオペレーターをされていたそうですね。

 

さてこの物語は、
東村アキコさんの自身の体験や記憶をもとに描かれている、

ということから、

当然ながら宮崎に実在するお店の名前なども、
作中に出てきますし、

宮崎を代表する「チキン南蛮」や「ジャリパン」、
といった食べ物も作中に登場するので、

そういった「宮崎ネタ」を探しつつも、
ギャクマンガとして十分に楽しめるといった作品となっています。

 

UMK制作ドラマ・ひまわりっ〜宮崎レジェンド!

そして今回。
UMK開局50周年の記念に、

UMKが初めてドラマ制作にチャレンジすることになりましたが、

東村アキコさんのマンガ、
「ひまわりっ〜健一レジェンド」を原作に、

ひまわりっ〜宮崎レジェンド」と題して、
ドラマを制作されることになったので、

これは今からホントに楽しみです〜ヾ(*´∀`*)ノ

 

そういえば。
このドラマのタイトルですが、

『〜健一』ではなく、
『〜宮崎レジェンド』となっていますね・・・(^^;)?

これについて、
UMKの榎木田朱美さんによると、

この作品のドラマ化のお願いに伺ったところ、
東村アキコさんの方から「健一ではなく『宮崎』でいっちゃない」、

そう言って下さったというエピソードを、

情報番組内でお話しされていました^^

 

ですが、
ここでひとつ気になることが。

「UMK制作」ということは、

このドラマ。
宮崎だけしか放送されないのでしょうか?

出来たら全国で放送して欲しいって思うのですが・・・

 

実はこの嬉しいニュース。
UMKのHPだけでなく雑誌・モーニング誌上でも発表されていて、

さらに!プロデューサーの方の話によると、

ドラマを通して、宮崎の魅力を全国の方々に知っていただくきっかけになればと思います。

(中略)

地上波放送だけでなく、動画配信、海外展開を視野に未来へとつながるドラマ制作を目指します。

(引用:コミックナタリー

ということは・・・

このドラマ。
宮崎だけでなく全国で放送される可能性大ですね!!

 

ということで。

UMK制作ドラマ「ひまわりっ〜宮崎レジェンド」、

2019年11月現在。
ドラマに関して分かっている情報をまとめると、

  • 2020年春、放送予定(15分番組・全10話)
  • 監督:石井聡一
  • 脚本:池田テツヒロ
  • プロデューサー:≪テレビ宮崎≫ 阿部祐也・水主義人
    ≪ホリプロ≫ 平部隆明

という情報のみなので、

出演者などといった情報についてはまた分かり次第、
追記したいと思います!!

 

ちなみにプロデューサーとしてドラマを手掛ける、
ホリプロ映像事業部の平部隆明さんという方はなんと!宮崎の方。

しかも宮崎市出身で、
宮大付属中学から東村アキコさんと同じ西高へ進学した、
という学歴をお持ちの方なんだとか。
(1967年生まれということなので東村アキコさんの先輩になりますね)

その平部隆明さんががこれまで手掛けたドラマが

  • 忘却のサチコ(テレビ東京)
  • 聖☆おにいさん(NHK)
  • 僕たちがやりました(フジテレビ)
  • イノセント・デイズ(WOWOW)

など。
様々なTV局のドラマのプロデュースを担当されていることから、

もし全国放送となったら、
どのキー局で放送されるのかも気になるところですが、

UMK制作というところから・・・おそらく、

フジテレビ系列とかその辺りが有力なのではないかと、
思っています☆

 

スポンサーリンク
◇宮崎の美味しいお店や食べ物はコチラ♪※姉妹サイト

古今東西 おいしいものをアナタに・・・

胃袋は笑う。〜宮崎の食べ物・お店〜