MIYAZAKI♥LOVE
平成元年付近や21世紀になった宮崎のことを語ろう
宮崎の温泉・銭湯

酒泉の杜にある綾温泉・照葉の湯、営業時間や料金がお得になるカードは?

前回ご紹介した【妻湯】はまさに、
宮崎市からわりと近くていいお風呂なんですが、

・・・そういえば宮崎市から同じ位の距離で、
いいお風呂があったことを忘れていました!!

それは綾町の【酒泉の杜】。

この施設の中に、
実はいいお風呂があるのです!

 

スポンサーリンク

酒泉の杜にある綾温泉について

【酒泉の杜】といえば、

水がキレイな土地柄から雲海酒造の酒蔵があり、

焼酎まつりなどといったイベント時期には多くの人が訪れる、
人気スポットとなっていますが、

実は施設内には「綾温泉」という温泉があり、

そのお風呂をふくめて、
「照葉(しょうよう)の湯」というお風呂があるんです!


実は温泉がある!酒泉の杜。


1階は男風呂・2階は女風呂となってます。

脱衣所はキレイな100円ロッカーが設置されていますが、
この100円は戻ってきます^^

そして洗面台はこんな感じ!


乳液・化粧水に滅菌済のクシがあって、
もちろん無料のドライヤーも完備。
更にはミニ扇風機まであります。

そして脱衣所にはこんな休憩場所が・・・

自販機と足が伸ばせる椅子が設置されていて、
風呂上りはここでゆっくりくつろげます。

 

さて気になるお風呂ですが、
お風呂の種類が、

  • 大浴場
  • 酒風呂
  • 薬湯風呂
  • 露天風呂
  • でんき風呂
  • サウナ(ミスト・ドライの2種類)

そしてホンモノ温泉の!

  • 綾温泉
    (泉質:ナトリウム / 塩化物炭酸水素塩冷鉱泉)

 

このような種類のお風呂があります。

なお大浴場などは温泉ではないものの、
お湯が掛け流しされていました!!!

これは何といっても、
水が豊富な土地だからこそ、
掛け流しができるんでしょうね。

また「酒風呂」っていうのも、
酒蔵ならではでとても珍しいのではないでしょうか。
(おそらく県内でもここだけしかないのでは?)

余談ですが昔は女風呂には、
露天風呂ってなかったんですよねー☆

しかし今はこうやって設置されているので、
久しぶりに入って嬉しかったです^^

 

さてお風呂から上がり、
昔は2階の女湯の入り口の前にマッサージ機がありましたが、

2020年現在、
1階の温泉受付のあるカウンターの近く(向かって左手)に、

このような畳のある休憩所があり、
この部屋の一番奥の窓側にマッサージ機が設置されています。

ちなみにこの時は畳に、
お客さんが寝転がっていましたね♪

風呂上がりに寝転がれる休憩所は、
本当に気持ちいいです^^

 

綾温泉「照葉の湯」の金額は?

さて気になる金額についてですが、

結構いい金額だと思われますが。

実はとあるカードを提示することで、
この料金がなんと!大人が200円引きの「600円」になるんです♪

そのカードというのが、

JCBカード、イオンカード、JAF会員証、ボンベルタカード、
SDカード、障害者手帳、コープ(生協)カード
(出典:http://kuramoto-aya-shusennomori.jp/syouyou/

これらのカードを提示すると、
1枚で2名まで大人料金が200円引きになるそうなので、

「酒泉の杜」に行ってお風呂に入る時は、
これらのカードを忘れずに持って行って下さいね。

 

綾温泉・照葉の湯
  • 綾温泉 泉質:ナトリウム / 塩化物炭酸水素塩冷鉱泉
営業時間 11:00~16:30 ※最終受付15:30
定休日 毎月第4木曜日
基本料金
  • 大人(中学生以上):800円
  • 小学生:400円
  • 3歳以上:300円

※ただし指定のカード提示で大人料金の割引あり

 

スポンサーリンク






 

酒泉の杜は宮交のワンコインパスが利用可能!

ところで「酒泉の杜」といえば!
酒蔵というだけあって、

施設の売店に行くと・・・


焼酎やワインなどの試飲ができるコーナーが充実しているんですね☆

となると・・・
車で行くとこれらの試飲ができない(涙)

そこで利用したいのが、

宮交バスの、
ワンコインパス】!

これ宮崎市からの利用の場合なんと!
【酒泉の杜】まで利用可能なんですね。

ということは。
土日なら500円で綾まで行けるって、
相当お得ですよね!!!

しかもバスで行けば、
こういったお酒の試飲が気兼ねなく出来るので、

やっぱりここはバスで行きたいですね^^

ただしバスの本数が限られているので、
時間を確認して計画的に行くようにして下さいねっ

◇宮崎の美味しいお店や食べ物はコチラ♪※姉妹サイト

古今東西 おいしいものをアナタに・・・

胃袋は笑う。〜宮崎の食べ物・お店〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください